動画コンテナ

コンテナとはデータを入れるフォーマット(入れ物)のことです。
データは何らかのフォーマットに従ってファイルになっています。
WindowsのDirectShowで再生する為には、コンテナに対応したスプリッタフィルタと、
格納されたデータをデコードする為のデコーダーフィルタ(コーデック)が必要です。

Windowsが標準で対応している動画コンテナはAVI、ASF、DV、MPEG1など。
これ以外のコンテナは別途、スプリッタフィルタが必要になります。

主な動画コンテナは以下のようなもの。(説明は適当かも…)

AVI

Audio Video Interleaveの略。
初期のWindowsのAPI、VFW(Video for Windows)で利用できるコンテナ。
AVI1.0では2GBまでしかデータを格納できない。
AVI2.0(OpenDML)ではこの制約はない。

可変フレームレート、アスペクト比には対応できない。
Bフレームをうまく扱えない、利用できないコーデックが増えてきた、など古い規格なのでいろいろ制約が多い。

asf

拡張子WMVまたはWMAのWindowsMedia形式ファイル。
アスペクト比、可変フレームレート対応、DRM対応、ストリーミング対応などしている。
VirtualDubModではMSから特許でクレームが付いて途中のバージョンからasf対応がなくなっている。
現在でもasfcutやasftoolsなどは配布されている。ソフトウェア特許については抜け道もあるので略。

DV

AVIコンテナにDVストリームが格納されている。DVストリームは映像と音声を含む。
DV-Type1と呼ばれるものが相当する。
DV-Type2は映像と音声が分離されて格納されている、AVIと互換性を考慮した方式。

MP4

MP4 - Wikipedia
ISO標準のMPEG4コンテナ。拡張子mp4、m4v、m4a、3gp、3g2など。
携帯電話及び携帯ゲーム機の標準動画フォーマットとして採用されている。

WindowsのDirectShowで再生する為にはHaaliMediaSplitterが必要です。
MatroskaSplitterと一緒になってます。

RealMedia

拡張子rm,rmvbなど。RealPlayerで再生できます。
DirectShowで再生するには別途RealMediaSplitterが必要になります。
コーデック(RV10等)はRealPlayerまたはReal Alternativeをインストールすると入ります。

Matroska

オープンソースで開発されているコンテナで、拡張子はmkv、mka、mks。
コンテナはEBMLというバイナリ化したXMLで書かれており、XMLの特徴をそのまま受け継いでいる。
互換性を維持したまま機能拡張が可能で、基本的にどんなデータでも格納できる。
可変フレームレート、字幕、チャプター、添付ファイル、使用可能なコーデックが多い、など。
再生についてはMKV再生環境を参照。

その他

MOV、OGM、DivX、MPEG1、MPEG2とか色々ありますがあまりよく知りません。ヽ(´ー`)ノ






トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: Mon, 25 Jul 2005 03:17:06 JST (4684d)